葬式

自由な形で偲ぶ思い【直葬で思い思いの葬儀をしよう】

遺産を整理する

遺品整理

遺産整理は、遺された遺族の大変で重要な事柄です。正確に遺産整理をして遺族が気持ちよく暮らしていくためにはやらなければならない事です。大変で困難な整理でしたら専門家の弁護士等に依頼する事も良いでしょう。

詳細を確認する

一日葬

葬式

葬儀に必要以上に高額の費用をかけたくないと考える人が増えたため、葬儀形式の簡略化が進んでいます。東京では、通夜は行わずに、告別式と火葬だけを行う一日葬が営まれるケースが増えてきています。また、この傾向は今後さらに強まるだろうと予想されています。

詳細を確認する

現代のお葬式

希望に合ったお墓を見つけることができます。神奈川の霊園を豊富に取り扱っているのがこちらです。利便性に優れている墓地もありますよ。

リーズナブルな価格で利用することができる埼玉の霊園がこちらです。寄付金などが一切無いので、出費を減らすことが出来ます。

参列するときのマナー

葬式

最近はお葬式の形式も多様化してきており、従来の形式に囚われない、自由な形の葬儀が普及しています。樹木葬、直葬、海洋葬、無宗教葬、音楽葬など、故人の意思や趣味を反映した、沢山の葬儀のかたちがあります。しかし、重苦しい雰囲気がなく、比較的気軽に参列できる葬儀が増えたといっても、弔事である以上、参列する場合はマナーを守る必要があります。葬儀には喪服を着ていくのがマナーです。例え家族ぐるみの親しい間柄だとしても、服装で弔意を示す必要があります。また、言葉使いにも注意する必要があります。葬儀の場で「たびたび」「くれぐれも」「またまた」などの二重言葉を使うことはタブーとされています。故人の死因を聞くこともマナー違反なので注意をする必要があります。

経済的で人気

最近首都圏を中心に人気が高まっているのが直葬、または火葬式です。直葬とは、従来の仏式葬儀のように一般会葬者や僧侶を招いて大規模なセレモニーを行わず、ごく身内だけで行う火葬だけの葬儀のことです。生涯単身の人が増えたことや、近所づきあいをする人が少なくなったこと、価値観の多様化などから、直葬は現代人のニーズにマッチした葬儀として浸透しつつあります。直葬の場合、遺体を火葬すればいいだけので、斎場をレンタルする費用を抑える事ができます。また、一般会葬者がいない分、飲食接待費や会葬返礼品、香典返しなどの費用も節約できます。こうした経済的な負担が最小限に抑えられるという点も、直葬が人気の理由のひとつです。

お得に墓石を購入するなら、コチラがオススメですよ!予算に応じて希望の墓石を見つけることが出来ちゃいますよ。

直葬を知ることで、メリットが分かりますよ。こちらで費用や流れを知ることができるので、検討している人は要チェックです。

故人の思い出の遺品整理は名古屋の業者で行っていきましょう。専門業者は、しっかりとニーズに合わせて仕分けを行なってくれます。

故人を偲ぶ

数珠

横浜には、様々な葬儀を行うホールが多々あります。それらを利用する時に工夫することは、事前に費用や内容を情報収集することです。また価格を抑えるためには、どんな方法があるのか知っておくことが大切です。

詳細を確認する