葬式

自由な形で偲ぶ思い【直葬で思い思いの葬儀をしよう】

一日葬

簡素な葬式

葬式

ここ数年、東京などの大都市を中心に、古い概念にとらわれない新しい形式の葬儀を営む人が増えてきました。昔ながらの形式で葬儀を行った場合、最低でも200万円前後の費用がかかります。亡くなった人を見送るために、そこまで高額の費用をつぎ込む必要があるのかと疑問に思う人が増えてきた結果、もっと安い費用で済ませられる簡素な葬儀形態を選ぶ人が多くなりました。お金をかけて体裁を整えることよりも、もっと大切なことが他にあるはずと考える人が多くなりましたので、新しい形式の葬儀が意外なほどすんなりと受け入れられています。特に東京の場合は進歩的な考え方をする人が多いので、その傾向が顕著になっています。高額の費用をかけなくても心のこもった葬儀にすることは十分可能ですので、東京では新しい形式の葬儀が営まれることが多いです。

今後の見込み

東京で特に高い人気を集めているのが、一日葬という名前の葬儀です。これは、その名が示している通り、一日で全ての儀式を済ませてしまう葬儀です。最大の特徴は、仏式で言うところの通夜を行わない点にあります。通夜を行う場合は二日がかりの葬儀になりますので、その分だけ遺族にかかる負担が大きくなります。肉体的に疲れてしまうのはもちろんのこと、通夜ぶるまいを行う必要があるため、金銭的な負担も大きくなります。でも、一日葬という形式を選べば、通夜ぶるまい用のお酒や料理を用意する必要がなくなります。また、夜遅くまで弔問客の対応に追い回されてしまうことがなくなるため、体の疲れを最小限に抑えることができるようになります。とても合理的な形式の葬儀であるため、東京では今後一日葬が営まれるケースが増えるだろうと予想されています。