葬式

自由な形で偲ぶ思い【直葬で思い思いの葬儀をしよう】

故人を偲ぶ

数珠

少子高齢化社会となり、核家族化も進み、ひと昔前まで葬儀というと家庭に祭壇を設けて行っていましたが、最近は、葬儀を行う専門のホールで行うことが主流となり、全国各地に様々なホールがあります。横浜にも多くの葬儀を行うホールがあります。そんな横浜で葬儀を行う際に行なっておくべきことがあります。それは事前に情報を収集することです。横浜には様々なホールがあるため、サービス内容や価格も様々です。当日、残された家族がどうしたらいいのかバタバタしないためにも様々なホールでどんな特徴があるのか、費用はどれくらいなのかなど生前に確認しておくことが大切です。また、自分がどんな葬儀を行って欲しいのかも明確にすることも大切です。

横浜含めて、一般的に葬儀には、お金がかかるのです。そのため、費用を抑えるためにはどうしたら良いのか知っておくことが重要になります。まず、安い価格で行いたいという場合は、公営の斎場にお願いする方法が安くなります。また、ホールの大きさなどでも値段が異なります。最近では、お通夜と告別式を同じ日に1回で対応する場合もあります。また、祭壇などを設けないものもあります。そうすることで安く仕上げることもできます。そのため、故人がどんな葬儀を生前に求めていたのかをしっかりと把握し、その中であったものを行うことが大切です。葬儀の豪華さよりも、故人を偲ぶ気持ちが一番大事な部分ですが、いろいろと調べながら、適切な葬儀を行なっていきましょう。